第2回全日本選抜剣道八段優勝大会

第2回全日本選抜剣道八段優勝大会

  • 2004/04/11
  • 名古屋市中村スポーツセンター
  • 山田博徳(熊本 熊本県警察首席師範)
  • 更新日:2015/05/10
  • 250 views

出場資格に制限が加えられ、前年上位を占めた若手八段、西川(東京)、加治屋(埼玉)、古川(北海道)は出場できなかった。

前年3位の梯(東京)の活躍に期待が集まったが、2回戦で林(愛知)の小手に屈した。

決勝を争ったのは山田(熊本)と宮澤(宮城)。
最後は、山田の小手抜き面が決まった。

当時の剣道日本の記事から。

八段取得後5年以上と、出場資格を設けて行われた今年の八段戦。

昨年は運動量やバネなどにまさる若手八段が上位に進んだが、今回は重厚な練り合い、緊迫した気争いが終始見られ、予想以上に好試合が続出した。

そんななか決勝に進んだのは、ともに昨年緒戦で姿を消した山田(熊本)と宮澤(宮城)。

勝負は山田が制したが、宮澤の快進撃もまた見事であった。

引用元:
剣道日本 2004年7月号

結果

優勝 山田博徳

熊本 熊本県警察首席師範
56歳 教士八段

2位 宮澤保行

宮城 宮城県立泉松陵高教頭
55歳 教士八段

3位 千葉仁

東京 警視庁剣道名誉師範
59歳 範士八段

3位 岡田一義

三重 三重武道館事務局長
62歳 教士八段

動画

第2回全日本選抜剣道八段優勝大会 決勝(抜粋) by HIRAGISHI KENDO

サイト

雑誌

剣道日本 2004年7月号
Fujisan.co.jp
なし
Amazon
なし

剣道時代 2004年7月号
Fujisan.co.jp
なし
Amazon
なし

この記事を友達にシェアする

コメントする

こちらもおすすめ