第55回全日本剣道選手権大会

第55回全日本剣道選手権大会

  • 2007/11/03
  • 日本武道館
  • 寺本将司(大阪 大阪府警)
  • 更新日:2015/04/11
  • 703 views

38年ぶりに二刀剣士として参戦した山名信行(徳島)。
全日本選手権の歴史上、医師として初出場の偉業をやってのけた乗本志考(鳥取)。
第55回大会は、大会前から話題が多かった。

一番勢いを感じさせたのは髙鍋進(神奈川)。
特に、準決勝の木和田(大阪)との対戦での完勝ぶりは圧巻だった。

決勝の相手は、寺本(大阪)。

面で先制したのは髙鍋。
多くの人は髙鍋の優勝を確信しただろうが、
しかし、寺本はあきらめなかった。

終盤、面を返し、延長に入ってから、相面を制し逆転劇をやってのけ、
初優勝を果たした。

勝負を決めた寺本と髙鍋との相面は、その速さ、強さ、美しさが評価され、
後日、スーパースロー映像で各種メディアに取り上げられた。

当時の剣道日本 2008年1月号の記事から。

過去2回の世界選手権大会で団体戦の要として戦った寺本将司(大阪)。
その実力は折り紙付きだが、個人戦のタイトルには縁遠かった。
とりわけ全日本の舞台はベスト8の壁を破れぬ”鬼門”といえたが、
大阪府警の大将を努めるいま、ついに本領を発揮。
準決勝では先輩・佐藤博光(大阪)を、決勝では優勝候補の髙鍋進(神奈川)をみごとな逆転で下し、
日本一の栄冠をつかんだ。

引用を終了します。

結果

優勝 寺本将司

大阪 大阪府警
32歳、出場6回目
国際武道大学出身

2位 髙鍋進

神奈川 神奈川県警
筑波大学出身

3位 佐藤博光

大阪 大阪府警
大阪体育大学出身

3位 木和田大起

大阪 大阪府警
中央大学出身

動画

第55回全日本剣道選手権決勝戦(その1) 55th All Nippon Kendo Championship by kensukinobu

第55回全日本剣道選手権決勝戦(その2) 55th All Nippon Kendo Championship by kensukinobu

第55回全日本剣道選手権決勝戦(延長戦) 55th All Nippon Kendo Championship by kensukinobu

第55回全日本剣道選手権準決勝戦(第1試合の1) 55th All Nippon Kendo Championship by kensukinobu

第55回全日本剣道選手権準決勝戦(第1試合の2) 55th All Nippon Kendo Championship by kensukinobu

第55回全日本剣道選手権準決勝戦(第2試合) 55th All Nippon Kendo Championship by kensukinobu

55回 全日本剣道選手権大会 2回戰 山名信行 x 鹿野允成 by MyongjiKENDO

サイト

雑誌

剣道日本 2008年1月号
Fujisan.co.jp
fujisan.co.jpへ
Amazon

剣道時代 2008年1月号
Fujisan.co.jp
fujisan.co.jpへ
Amazon

この記事を友達にシェアする

コメントする

こちらもおすすめ