第55回全国高等学校剣道大会 男子個人戦

第55回全国高等学校剣道大会 男子個人戦

  • 2008/08/02 ~ 2008/08/04
  • 越谷市総合体育館
  • 菅野隆介(小牛田農林高校)
  • 更新日:2015/09/04
  • 426 views

超有望な3年生が顔を揃えた大会。
後に大学剣道界でも活躍する選手がズラリ。
ちょっと確認しただけでも、安藤翔(東海大四)、足達翔太(九州学院)、中澤公貴(明徳義塾)、菊地裕志(秋田商業)、武田直大(小牛田農林)、田島純一(桐蔭学園)、甲斐勇太(島原)、中雅宏(大分上野丘)、齊藤将吾(秋田南)、黒石築(福岡舞鶴)、藤岡弘径(福岡第一)。。。

そんな大会を制したのは、なんと2年生の菅野隆介(小牛田農林)だった!!

当時の剣道日本の記事から。

うだるような暑さが、埼玉を包んだ。選手が放つとめどない熱気が、会場に溢れた。

限界を超え飛びたつ君よ永遠の風になれのスローガンを掲げ開催された08埼玉総体。

男子団体戦は一昨年の王者・水戸葵陵(茨城)を、毎年善戦を続け地元国体に意気上がる日田(大分)が撃破。

女子団体戦は大阪のPL学園が秋田北(秋田)を代表決戦で破り、18年ぶりの王座に着いた。

男子個人戦は小牛田農林(宮城)の菅野隆介が、同校顧問の佐藤充伸氏に続く2年生王者に。

女子個人戦は札幌日大(北海道)の寳金由里香が、北海道勢初となる個人優勝に輝いた。

結果

優勝 菅野隆介

小牛田農林高校
2年

2位 田島純一

桐蔭学園高校
3年

3位 安藤翔

東海大第四高校
3年
略名:東海大四

3位 武田直大

小牛田農林高校
3年

動画

平成20年度 インターハイ 男子個人決勝 by kensukinobu

サイト

雑誌

剣道日本 2008年10月号
Fujisan.co.jp
fujisan.co.jpへ
Amazon

剣道時代 2008年10月号
Fujisan.co.jp
fujisan.co.jpへ
Amazon

この記事を友達にシェアする

コメントする

こちらもおすすめ