第55回全国高等学校剣道大会 男子団体戦

第55回全国高等学校剣道大会 男子団体戦

  • 2008/08/02 ~ 2008/08/04
  • 越谷市総合体育館
  • 日田高校(大分県)
  • 更新日:2015/09/04
  • 744 views

攻撃力が高いチーム同士の決勝戦となった。

過去の実績から水戸葵陵有利との見方もあったが、地元国体を控えて強化十分な日田が寄り切った。
決勝スコアも3-0の圧勝だった。

当時の剣道日本の記事から。

うだるような暑さが、埼玉を包んだ。選手が放つとめどない熱気が、会場に溢れた。

限界を超え飛びたつ君よ永遠の風になれのスローガンを掲げ開催された08埼玉総体。

男子団体戦は一昨年の王者・水戸葵陵(茨城)を、毎年善戦を続け地元国体に意気上がる日田(大分)が撃破。

女子団体戦は大阪のPL学園が秋田北(秋田)を代表決戦で破り、18年ぶりの王座に着いた。

男子個人戦は小牛田農林(宮城)の菅野隆介が、同校顧問の佐藤充伸氏に続く2年生王者に。

女子個人戦は札幌日大(北海道)の寳金由里香が、北海道勢初となる個人優勝に輝いた。

結果

優勝 日田高校

大分県

氏名 年齢・学年 備考
井上直哉 3年
梅田隆志 3年
津島大晟 3年
菅田有記 3年
佐藤史明 3年
江藤立郎 3年
小笠原稜 3年

2位 水戸葵陵高校

茨城県

氏名 年齢・学年 備考
高倉聖矢 2年
篠崎幸人 3年
青木祐喜 2年
遅野井凌 2年
山下渉 2年
吉田駿 3年
飯塚大河 2年

3位 高輪高校

東京都

氏名 年齢・学年 備考
岩瀬卓也 1年
芳賀侑樹 3年
登島輝 3年
内海貴義 3年
鈴木賢太郎 3年
石橋太郎 3年
長谷川新 1年

3位 東海大学付属第四高校

北海道
略名:東海大四

氏名 年齢・学年 備考
松澤春生 3年
石浦良平 3年
久保田昂大 3年
永澤亮太 3年
安藤翔 3年
小山将太 2年
幸田学 2年

動画

平成20年度 インタ-ハイ男子団体決勝 1 by kensukinobu

平成20年度 インタ-ハイ男子団体決勝 2 by kensukinobu

平成20年度 インタ-ハイ男子団体決勝 3 by kensukinobu

平成20年度 インタ-ハイ男子団体決勝 4 by kensukinobu

サイト

雑誌

剣道日本 2008年10月号
Fujisan.co.jp
fujisan.co.jpへ
Amazon

剣道時代 2008年10月号
Fujisan.co.jp
fujisan.co.jpへ
Amazon

この記事を友達にシェアする

コメントする

こちらもおすすめ