第58回全日本剣道選手権大会

第58回全日本剣道選手権大会

  • 2010/11/03
  • 日本武道館
  • 髙鍋進(神奈川県 神奈川県警)
  • 更新日:2015/04/22
  • 714 views

髙鍋進選手(神奈川)が、初優勝を果たした。

内村良一選手(東京)と争った決勝戦、決まった面の早さに驚愕!!
その後、「世界最速の面」として世間をにぎわせた。

当時の剣道日本 2011年1月号の記事から。

出場回数8回目。
毎大会優勝候補に挙げられていた髙鍋進(神奈川)がついに天皇杯を手にした。
今大会では得意のメン技が冴えに冴え渡り、全試合を時間内で決着する充実ぶり。
平成19年の大会では、決勝戦に進みながらも逆転負けを喫した過去を持つ髙鍋は、優勝を決めた後、その目に浮かぶ涙を何度もこらえた。

引用を終了します。

結果

優勝 髙鍋進

神奈川県 神奈川県警
34歳
筑波大学出身

2位 内村良一

東京都 警視庁
明治大学出身

3位 畠中宏輔

東京都 警視庁
國士舘大学出身

3位 古川耕輔

大阪府 大阪府警
佐賀北高校出身

動画

第58回全日本剣道選手権大会決勝 高鍋 x 内村 by ZennipponKendoRenmei

第58回全日本剣道選手権大会準決勝 内村 x 古川 by ZennipponKendoRenmei

第58回全日本剣道選手権大会準決勝 畠中 x 高鍋 by ZennipponKendoRenmei

第58回全日本剣道選手権大会1回戦 有効打突集 by ZennipponKendoRenmei

第58回全日本剣道選手権大会2回戦 有効打突集 by ZennipponKendoRenmei

第58回全日本剣道選手権大会3回戦 有効打突集 by ZennipponKendoRenmei

第58回全日本剣道選手権大会4回戦ー決勝 有効打突集 by ZennipponKendoRenmei

サイト

雑誌

剣道日本 2011年1月号
Fujisan.co.jp
fujisan.co.jpへ
Amazon

剣道時代 2011年1月号
Fujisan.co.jp
fujisan.co.jpへ
Amazon

この記事を友達にシェアする

コメントする

こちらもおすすめ